【ひな祭りの献立】長芋と海老のおとし揚げ

【ひな祭りの献立】長芋と海老のおとし揚げ

すりおろした長芋と海老を合わせ、油で揚げるだけ!桜の花の塩漬けを電子レンジで加熱して作った桜塩をつけていだきます。簡単なのに上品なお味の一品です。

材料(4人分)


材料 分量
長芋 200g
むき海老 60g
片栗粉 小さじ1
小さじ1
片栗粉 大さじ4~
青のり 適量
桜の花の塩漬け 80g
揚げ油 適量
▼立て塩
500cc
大さじ1

下準備


揚げ油(適量)の準備しておく(180℃)。

作り方


具材の下準備

むき海老(60g)は食べやすい大きさに切り、直前に片栗粉(小さじ1)をまぶしておく。


長芋と合わせる直前に海老に片栗粉をまぶしておくことで、揚げている際におとし揚げから外れにくくします。

耐熱皿にがくと茎を除いた桜の塩漬けをのせ、ラップをかけずに電子レンジで加熱する(500W 2分~)。

乾燥したら、手でバラバラにつぶす(桜塩)。


桜は花びらが中まで乾燥するように電子レンジで加熱しましょう。 桜塩は天ぷらなどに使用してもおいしくいただけます。

長芋(200g)は皮を除き、すりおろす。


長芋は時間が経過すると変色するため、加熱調理の直前にすりおろすとよいでしょう。

具材を揚げる

ボウルに長芋・片栗粉(大さじ4~)を入れ、海老・酒(小さじ1)・塩(小さじ1/6)を加え、スプーンで均一に混ぜる。
スプーンですくい、180℃の油に静かに入れる。
同様に計8個こんがりきつね色になるまで揚げる(180℃ 3分~)。
バットに取り出し、油を切る。

完成

皿に敷紙を敷き、おとし揚げをのせ、右手前に桜塩を添える。

関連商品

料理の道具セット

単品でそろえるよりお得!レッスンでも使用している料理の定番ツールセット。

商品を見る

ホーロー天ぷら鍋 24cm(洗える温度計付き) 

洗える温度計付き!  油ハネを軽減してくれるオイルガード付き天ぷら鍋

商品を見る