BRUNO crassy+ オーバルホットプレート ブラック
BRUNO crassy+ オーバルホットプレート ブラック
BRUNO crassy+ オーバルホットプレート ブラック
BRUNO crassy+ オーバルホットプレート ブラック

BRUNO crassy+ オーバルホットプレート ブラック

通常価格 17,600円[税込]
/ 税込
数量限定!アヒージョの素 2個プレゼント!

ホットプレートでいただきます、をもっとあなたの暮らしのなかに。

「毎日にちょっとゆとりを。暮らしをもっとゆたかに。」をコンセプトにした、新シリーズ『BRUNO crassy+』から、「オーバルホットプレート」が登場しました。

使いやすく、つくりやすく、馴染みやすくなったオーバル型のホットプレート
きちんとつくりたいのになかなか時間がとれない平日の夜ごはんから、予定のない休日の昼ごはん、親しい仲間が集う特別な日のおもてなしまで。365日気張らず使える“暮らしに寄り添うホットプレート”。あなたの暮らしのなかで「つくる」「食べる」「片付ける」がここちよくなるような機能とデザインを落とし込みました。

焼く、煮る、炊く。料理の幅が広がる3枚プレート
「コンパクトホットプレート」や「ホットプレートグランデサイズ」付属の平面プレートに比べ深めの仕様なので吹きこぼれの心配がなく炊飯も可能に。 さらに人気のたこ焼きプレートと、煮込み料理や鍋物などもお楽しみいただける深鍋のプレート3種をセット。これ一台で、毎日幅広い料理をお愉しみいただけます。

○ 商品のサイズ・仕様について

セット内容
W390mm×H150mm×D260mm本体サイズは平面プレート・フタ使用時、電源コード含む平面プレート:W315×H33×D235mm深鍋:W385×H63×D249mm約1.8m
サイズ
W390mm×H150mm×D260mm(本体サイズは平面プレート・フタ使用時、電源コード含む)
容量
平面プレート:容量約1.5L深鍋:容量約2L
重量
約2.8kg
材質・成分
本体:スチール/フェノール樹脂平面プレート・たこ焼きプレート:アルミニウム合金(内面ふっ素樹脂塗膜加工)深鍋:アルミニウム合金(内面セラミックコート、外面ふっ素樹脂塗膜加工)くず受けトレイ:スチールプレート取り替え用ハンドル:ステンレス鋼
付属品
本体:スチール/フェノール樹脂平面プレート・たこ焼きプレート:アルミニウム合金(内面ふっ素樹脂塗膜加工)深鍋:アルミニウム合金(内面セラミックコート、外面ふっ素樹脂塗膜加工)くず受けトレイ:スチールプレート取り替え用ハンドル:ステンレス鋼
生産国
中国
ブランド・
メーカー
BRUNO
備考
プレート取り替え式、温度調節、くず受けトレイ

アレンジもいろいろ!

ポンデケージョ(出来上がり個数12個)

【材料】

a.ミックス粉 125g

a.粉チーズ 50g

b.卵(溶いたもの)1/2個分(26g)

b.サラダ油 20g

b.水 80~90㏄


【下準備】

・卵は室温に戻しておく。

・オーブンで焼く場合は予熱を入れておく。


【1】ボウルにaを入れ、よく混ぜ合わせる。

【2】【1】にbを加え、混ぜる。

【3】粉気がなくなったら台の上に出し、なめらかになるまでしっかりとこねる(3分~)。

【4】生地を長方形にととのえ、12等分にし丸める。※生地が手につくようなら、少量のサラダ油(材料外)を手につけて作業するとよい。

【5】たこ焼き器のスイッチを入れ、予熱を入れる。

【6】温まってきたらサラダ油を塗る。

【7】生地を入れ、焼き色がついたら向きを変えながら、全体をまんべんなく焼く。

【8】冷めたら電子レンジで加熱すると、より美味しくお召し上がり頂けます(1個600w10秒程度)

たこ焼き(出来上がり個数 約30個)

【材料】

■生地

150g

水 450㏄

卵1個


■具

ゆでだこ 約200g

青ねぎ お好みで

天かす(揚げ玉) お好みで

紅しょうが お好みで


■トッピング

ソース お好みで

マヨネーズ お好みで

かつお節 お好みで

青のり お好みで


【1】ゆでだこは焼いた時に縮むので、少し大きめに切る。紅しょうがは粗みじん切りに刻む。

【2】ボウルにたこ焼粉、卵、水を入れ、泡だて器で混ぜ合わせて生地を作る。

【3】あらかじめ強火で熱しておいたたこ焼き器に油(材料外)をひき、【2】の生地をたこ焼き器の穴に流し込む。穴から溢れても問題ないため、大胆に流し込む。

【4】ゆでだこを【3】の上から入れる。

【5】ゆでだこを入れた後、すぐに紅しょうが、天かす、ねぎをお好みの量だけ入れる。

【6】ゆでだこをいれて1~2分で、たこ焼きのまわりが黄色く色づきますので、周りにはみ出た生地をキリで穴によせる。たこ焼きの周りが盛り上がるまで、さらに1分ほど焼く。

【7】生地が固まりかけたら、穴に沿ってキリでたこ焼きをくるっと回す。この時、一度に裏返さずに半分ずつ回すと、裏返しやすくなる。回しにくければ、油を穴に少量たらす。

【8】形が丸くなりにくければ、穴に沿って生地を少量注ぎ足す。表面がきつね色になったら皿に盛り、ソース、青のり、かつお節、マヨネーズなどをお好みでトッピングする。