口金の選び方 ~形状とサイズを絞り比べてみました!~

口金の選び方 ~形状とサイズを絞り比べてみました!~

ケーキのデコレーションに欠かせない道具「口金」。 クリームを絞る以外にも焼き菓子の生地を絞る際にも使われていて、用途は様々です。作りたいものに合わせてどれを選べばよいのか難しいですよね。今回はたくさんある口金の中からABC Cooking Studioのレッスンでもよく使われる6種類をご紹介します!

さらに、口金の種類ごとに異なるサイズでクリームの絞り比べをしてみます。口金のサイズ選びの参考にしてみて下さいね。

口金の形状とサイズ


①丸口金

丸口金

レシピにもよく登場し、幅広い用途で使える「丸口金」。 生地を絞る時に使用したり、アイシングクッキーの細かなデコレーションなどにも使えます。お菓子作りをはじめたばかりの方も1つ持っていると便利ですよ。

デコレーション以外にも、クッキー・エクレア・シュークリーム・マカロン・ダックワーズなどの生地作りにも使用します。

②花口金

■5切

花口金5切

■8切

花口金8切

■12切

花口金12切

デコレーション用の口金のなかでも、最もポピュラーなのが「花口金(星口金)」。サイズと切り込みの数に違いがあります。「5切」は5つ、「8切」は8つ、「12切」は12と切れ込みの数を表しています。

例えば生クリームの場合、華やかさとボリュームを出したいときは切れ込みの多いものを使います。

同じ絞り方でも切れ込み数によって印象が変わりますよね。用途や絞りたい形に合わせて適切なものを選びましょう。

2色スイートポテトのフィナンシェタルト】でも使用しています。

③サントノーレ口金

シャープでスタイリッシュな仕上がりになる「サントノーレ口金」。クリームに高さが出て、ボリュームのあるデコレーションケーキになります。

④バラ口金

その名のとおり、バラの花びらを絞るのに使う「バラ口金」。細工用の口金です。その他、ケーキの側面にウェーブやフリルなども絞ることができます。

⑤片目・両目口金

片目口金

側面のデコレーションなどに使用する「片目口金」「両目口金」。均一の厚さに絞り出すことができる細い切れ込みが入った平たい口金で、片面だけがギザギザな「片目口金」と両面がギザギザな「両目口金」があります。

ABCのレッスンの中でもオペラのクリームを絞る際に、片目口金の切り込みの入っていない側を使用することがあります。

⑥モンブラン口金

これはみなさんもよくご存知ではないでしょうか?モンブラン用の口金。細い糸状のクリームが絞り出せます。

デコレーションの前に


 まずは絞り袋の準備から...

絞り袋の種類

絞り袋

絞り袋には使い捨てのビニール製と繰り返し使える布製(綿やポリエステル等)があります。 使い捨てタイプは使用するたびに新しい袋に交換するので、衛生面に優れています。繰り返し使える布製は経済的で環境にもやさしいのが魅力です。耐久性もあるのでクッキー生地、シュークリームなどの粘度が強いものを絞るのに向いています。用途に合わせて使い分けるとよいでしょう。

口金をセットする

① 絞り袋の先端から口金の長さの1/3のところを切る

② 口金を絞り袋に入れる

③ 絞り袋を2〜3回ねじる

④ 口金の中に絞り袋を押し込む


絞り袋の種類により、口金のとじ目部分が長い場合があります。絞っている際に、とじ目部分がクリームに触れてデコレーションが失敗してしまうことも。あらかじめ、口金付近のとじ目は短く切っておくか、上に向けてから作業しましょう。

直径15cm(ホールケーキ5号サイズ)の型の上で絞ってみましょう


丸口金

丸口金

左下から時計回りで6号・8号・10号・12号となっています。

花口金(星口金)

■5切

花口金5切り

左下から時計回りで4号・6号・8号・10号となっています。

■8切

花口金8切

下から時計回りで4号・6号・8号となっています。

■12切

花口金12切

左下から時計回りで4号・6号・8号・10号・12号となっています。

サントノーレ口金

サントノーレ口金

左下から時計回りで15号・20号・25号・30号となっています。

1人分のケーキやタルトには「15」か「20」。ホールのケーキやタルトに使うなら「20」か「25」が良いでしょう。

バラ口金

バラ口金

下から左回りで1号・3号・5号となっています。

モンブラン口金

モンブラン口金

左下から反時計回りで小8穴・中8穴・大9穴となっています。

■小サイズ
プチサイズのタルトやケーキに絞るなら小サイズがよいでしょう。穴も小さいため、細くて繊細なクリームが絞れます。

■中サイズ
様々なサイズのケーキに対応できるのが中サイズです。モンブラン口金をまず一つ買うならこちらを持っていると便利です。

■大サイズ
ホールのタルトやケーキなどに絞るなら大サイズがよいでしょう。ボリューム感のあるクリームが絞れます。

まとめ

形状やサイズによってデコレーションの雰囲気が変わる「口金」。いろいろな種類を試してみて、使いこなせるようになるとデコレーションの幅が広がります。みなさんもお気に入りの口金を見つけて下さいね♪

こちらもオススメ

口金によるクリームの形の違いを動画で確認してみましょう!

口金によるクリームの
形の違い

この動画は
丸口金・星口金・サントノーレ口金を使用しています。

ホイップクリームの
バスケット絞り

この動画は
片目口金を使用しています。

関連商品

flexbox

丸口金

1つ持ってると便利!

クリームを絞るときだけでなく、シュークリームやブッセの生地作りにも使用できます。

花口金

花口金(星口金)

デコレーションにはコレ!

切れ込み数によって雰囲気が変わる、定番の口金。

flexbox

サントノーレ口金

高さのあるクリームが絞れ、スタイリッシュな仕上がりに!

flexbox

バラ口金

カップケーキの上やケーキの側面のデコレーションに

片目口金

片目口金

切れ込みのある面と平面の両方が使用でき、バスケット絞りなどのデコレーションにも使用できます